北大阪のぼろう会(KONK)

【例会山行】北海道旭岳~大雪山系縦走と観光・山旅⑥ (2019.07.16-08.03)

2019.7.16~8.3 北海道滞在18日間 KONK例会

北海道シリーズ第6回目の掲載。見飽きた方もおられるかも?
7月27日~28(土・日) 7/27は、十勝から釧路湿原を経由して、阿寒国立公園まで250kmの大移動。陸路マイカーで6時間かかった。
7/28、阿寒国立公園では、「雌阿寒岳・阿寒富士」登山と、神秘の湖、「オンネトー・霧の摩周湖」、硫黄噴煙を噴き上げる、「硫黄山」の観光だった。

オンネトー湖。アイヌ語で「年老いた沼」と言われている。
北海道三大秘湖と言われ、刻々と水の色が変わるので、五色沼ともいわれている。
背景の山は、左が、日本100名山の「雌阿寒岳」右が「阿寒富士」
明日、その二つの山に登る予定だ。
湖の周囲の緑を写しこんで、エメラルドグリーンの湖面が神秘的。
背景 左 雌阿寒富士 右 阿寒富士
周囲は緑に覆われた、テント場。
今夜の宿は、ここ。
北海道地ビールが美味しい。
今夜のディナーは、豚しゃぶとサラダに
トウモロコシ添え
湖畔で日没の湖面を愛しむ
夕陽が湖面を赤く染めて沈んでいく
オンネトー湖の神秘的な夕暮れ。
正面、阿寒富士を見上げる。
今日は、雌阿寒岳・阿寒富士登山の日
阿寒富士の登りから、雌阿寒岳を見る。
噴煙が乏しい。
イワブクロの大株咲き
阿寒富士山頂。背景は雌阿寒岳
雌阿寒岳への登り。噴煙が見えてきた。
秀麗な姿で、阿寒富士
雌阿寒岳山頂。山頂からは、阿寒国立公園全体が見渡せる、360度の大展望。
阿寒湖・雄阿寒岳・阿寒富士・荒涼とした火山台地が一望に見渡せる。
K氏念願だった阿寒富士にも登れた。
オンネトーキャンプ場に無事帰還。
今夜もここでテント泊。
下山は、雌阿寒温泉コース。
眼下に広がる大樹海。風に乗って移動する雲の影が樹海に映りいろんな形を見せてくれる。
オンネトー湖 さようなら!

北海道の山と観光の日々、13日が過ぎた。毎日が忙しい。あれもこれもと欲張るので、中途半端な行動が多い。天候で急な予定変更もあり、頭で思い描いていた計画とは、少々ずれた。仕方ないか。
さあ、明日はまた十勝まで長距離を引き返すことになる。世界遺産知床岬今回は行けなかった。また次の機会にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA