北大阪のぼろう会(KONK)

【個人山行】六甲山徘徊山行.道畦谷右俣.五助尾根(2019.12.21)No.1

12/21~22の四国寒風山が雨予報で中止になったので、急きょ近場の六甲山の人の少ないコースを繋ぎ合せて少しロングコースを計画する。道畦谷右俣、横池雌池から打越峠を通らずに黒五谷に抜ける道、住吉川からの西おたふく山、五助尾根の下降等、なかなか変化にとんだ面白い山行になった。     阪急芦屋川駅9:00-荒地山10:57-横池雌池11:40-西おたふく山14:18-五助山15:27ー荒神山エクセル東バス停16:34

芦屋川沿いの桜もすっかり葉を落としている。
芦屋川右岸道入口。入ってすぐ城山尾根の分岐があるがそちらには行かず真っすぐに進む。
芦屋川右岸道の水場、陽明水。この先にも宝泉水という水場がある。
道畦谷とナマズ岩方面の分岐。道畦谷は写真奥に進む。
真ん中に見えるは航空母艦岩、右側を通り抜ける。
すぐに大きな堰堤が現われる。右側から越えていく。
堰堤を越えていったん谷に降りる。。少し進むと正面に枯滝、右側に新しい堰堤が見える。
正面は中俣、右は右俣、今日は右俣に進む。
まずは最初の堰堤、右側から越えていく。
すぐに2つ目の堰堤が現われる。左側をステップで越えていく。
堰堤を越えて谷に降りるとトゲトゲの木(たぶんタラの木)がお出迎え。
(クリック)
巨大トゲトゲノ木、直径約20センチ
(クリック)
道畦谷右俣、傾斜がきつい。
積み重なった岩を越えていく。
踏み跡はほぼ無い。
最後は芦有からの道と道畦谷北尾根の合流点辺りに出る。
荒地山頂上を越えて横池雌池へ。
雌池から魚屋路に平行に走る道で黒五谷に向かう。
この道はほとんど人通らない。
黒五谷を下って住吉川左岸道に向かう。
(クリック)
住吉川左岸道を六甲山頂上に登っていく。
(クリック)
住吉川を渡渉して右岸道に出る。
(クリック)
右は本庄橋方向、左は西おたふく山、左に進む。(クリック)
急登が続くがなかなか良い道である。
西おたふく山を越えて車道を極楽茶屋跡に向かう。(クリック)
極楽茶屋跡から縦走路をガーデンテラス方面にに向かう。(クリック)
六甲山縦走路から五助尾根に入る。
五助尾根その1
笹をかきわけて下っていく。
(クリック)
五助尾根その2
(クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA