北大阪のぼろう会(KONK)

【例会山行】紅葉の六甲山 (2019.11.24)

この日は「岩登り訓練」の計画であったが諸事情により「歩き山行」に変更になる。参加者はリーダー私H.N、A.S、Y.I女史の3名。体力のある2人なので六甲山の色々なコースをつなぎ合わせて長距離を歩くことにする。紅葉も見頃なので楽しみである。            阪急芦屋川駅8:25発ー芦屋川右岸道ー道畦谷北尾根―荒地山10:09―黒岩―横池―黒五谷ー雨ヶ峠12:30-東おたふく山12:52-黒岩谷ー一軒茶屋14:10-七曲り尾根ー住吉川左岸道ー五助堰堤15:43-荒神山くるくるバス停16:06=JR住吉駅

芦屋川の桜の葉も色づいている。
道畦谷北尾根は急登の連続だが振り返ると大阪平野が一望できる。
道畦谷の紅葉
北尾根の上部にある展望台
大阪方面がよく見える
荒地山を越えて黒岩で休憩
そこから西方面の紅葉
先ほどの黒岩から横池へ
この写真は雌池、六甲山の大正池??
打越峠から黒五谷に下ると鮮やか紅葉が迎えてくれる。その1
紅葉その2
紅葉その3
紅葉その4
紅葉その5
紅葉その6
雨ヶ峠で休息
雨ヶ峠の紅葉
雨ヶ峠から東おたふく山に登る
東おたふく山の紅葉
奥に見える鉄塔は西おたふく山
東おたふく山から土樋割峠に下り、黒岩谷から一軒茶屋をめざす。
この岩は通称黒岩、新しいボルトが打ち込まれている。
黒岩谷は堰堤が多く、その巻きのルートファインデングが難しい。
この梯子が出てくると縦走路も近い。
左の笹の間から縦走路に飛び出す。
先ほどの飛び出した所から一軒茶屋は2~3分
アンテナがある場所が六甲山頂上
一軒茶屋から七曲りを下る。
大阪方面を見ると市街地が雲海に沈んでいるようだ。
写真中央左の長方形の黒い影は阿倍野ハルカスか?
通常の七曲りからチョイバリルートの七曲り尾根を下る。
この道は七曲りと並行しているが通る人が少ないので笹が繁殖して肩ぐらいまである。
七曲りのこの赤丸ペンキの木の所に下りる。
本庄橋を渡り魚屋路を少し上り返して住吉川左岸道に入る。
住吉川左岸道の紅葉
マムシ草
五助堰堤の河原
荒神山のくるくるバス停
約7時間40分、3万5千歩の山行でした。
JR住吉に降りて飲み屋を探すが17時前なのでどこも準備中
仕方がないのでファミレスで乾杯
美味しゅうございました。!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA