北大阪のぼろう会(KONK)

【例会山行】焼岳(2022.04.01-03)二日目

二日目は、5時前には起床して朝食を取り、5:40頃山行開始しました。
テントや不要な荷物はデポしていきます。これで大分軽くなります。

焼岳へ向かってレッツゴー!
期待に胸を膨らませ皆さん笑顔。
霞沢岳の後ろから日が昇りそうです。
ご来光!
朝日に照らされる焼岳。本日の目標は左の南峰。南峰は冬しか登れません。焼岳は活火山なので鞍部から噴煙が昇ってます。
だんだん急斜面になってきましたがまだまだ皆さん余裕の表情。
声援にこたえるⅠさん。かっこいいですね。
かなり急こう配になってきました。
ふと後ろ(南)を振り返ると冠雪の乗鞍岳が。ダイナミックな姿です。
今度は西を見ると遠くに白山が。本当に天気がいいです。
あともう一息です。
仲良しトリオの右にお邪魔虫が。。失礼会長でした。
7:41 焼岳南峰の頂上にたどり着きました!!
記念撮影。
会長が入ってなかったのでソロで一枚。
山頂からの絶景。正面やや右は穂高連峰(奥穂高~吊尾根~前穂高)と涸沢カール。正面やや左にツクッと槍ヶ岳が見えます。
その左を見ると。。左側でとんがってるのが笠ヶ岳。右寄りの一番奥は水晶岳だそうで。。て言われてもわかりませんね。
たっぷり山頂の景色を楽しんだ後、下山開始です。この辺りはかなり急なのでピッケルを駆使して慎重に下ります。
雲一つないとはまさにこのことです。青色が濃い!!ちなみにここまで出会った登山者は1組だけ。日帰りの人が多いので、まだ皆さん登ってきてる最中のようです。
広い緩斜面になったので尻セードしてみました。
上から見るとこんな感じです。ぽつぽつ他の登山者もやってきました。
テン場に帰ってきました。これから撤収作業です。
あらかた片付いたのでコーヒーブレーク。
皆さん「いやー堪能しました」といった表情。
名残惜しくもテン場を後にします。
ひたすら下った先に、中ノ湯温泉が見えてきました。
12:47 無事駐車場に帰ってきました。
この後そのまま中ノ湯温泉に一泊して、翌日4/3(日)高山で買い物してから帰阪しました。
とにかく終始快晴で素晴らしい景色に感動しっぱなしの二日間でした。やっぱり雪山はいいですね!!

One thought on “【例会山行】焼岳(2022.04.01-03)二日目

  1. 亀岡 英行

    好天に恵まれて、予想外の登山歴ができましたね。
    さすが、KONKのメンバーのみなさん、頼もしく見えます。
    素晴らしいおもいでの雪山登山が出来ましたね。
    おめでとうございます。(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA